ダイエット薬『ゼニカル』の使用上の注意

いろんなダイエット効果を持つ医薬品がありますが、そのなかでもゼニカルは、脂肪の吸収を阻害する効能を持っています。食欲抑制を促す医薬品のように劇的なダイエット効果をもたらすものではなく、あくまでも長期的な医薬品であることを服薬する前に知っておきましょう。服薬をする前にこそ、知っておくべき注意点があります。

そもそもどんなメカニズムでダイエット効果がある?

ダイエット効果のある人脂肪の約30%の吸収を阻害する役割を持っているのがゼニカルです。脂肪や炭水化物と同じで太る要因のひとつになっていることから、その吸収を阻害することによって太ることを防ぐ効果があります。どちらかというと、痩身するための医薬品ではなく、太りにくくなる医薬品という位置付けの製品です。

脂肪が多い食事のときに服薬をすると、効果的と言われています。そうではない場合は特に服薬する必要もありません。脂肪自体もビタミンを吸収するために不可欠な栄養素になっていますので、過度な摂取制限はやめましょう。あくまでもお肉料理の際に意識的に服薬するなど対策が必要です。もちろん服薬をするだけでは、体重を落とすことはできません。食事制限はもちろん、運動をして消費カロリーを高めることも必要です。

消化器系のトラブルに注意を

消化器系医薬品には副作用が伴います。ゼニカルのひとつになるのが消化器系のトラブルが多いです。そのなかで問題視されているのが下痢です。飲み始めから感じることがありますが、大体飲み続けることで身体が慣れていき、落ち着いていくことも。ただ下痢が続くようであれば、風薬の中止も検討しなければなりません。必要な栄養素が採れていない、もしくは水分不足になっていることも考えられますので、甘く見ないようにしましょう。

また腸内が活発化することになりますので、おならが増えることも顕著な副作用として有名です。しかもおならと同時に緩い便も一緒に排出してしまうこともありますので、ショーツを汚してしまうことも考えられます。女性に限らず男性も困ることになりますので、おならの放出には気を付けてください。

ビタミン不足になってしまうことも

ビタミン脂肪が不足するとビタミン(A,D,E,K)やβカロテンの吸収が妨げられることになり、これらの栄養素が不足することもあります。よくあるダイエットによって美容が損なわれる悪循環のひとつです。そのようなことにならないためにも、脂肪を悪と考えないようにしましょう。

肉料理を食べるときに服薬をするなど、工夫をすることでビタミン(A,D,E,K)やβカロテン不足を防ぐことができます。綺麗になるためには欠かせない栄養素になりますので、服薬をする際はサプリメントを補うなど対応してください。もちろんゼニカルの服用後数時間経過してからサプリメントを用いりましょう。

持病や服薬をしている方は特に注意を

持病サプリメントではなく、医薬品になるのがゼニカルです。よって持病がある方、それに伴い医薬品を服薬している方にとっては飲み合わせが悪いこともありますので、必ず主治医と相談をしてください。日本では購入することができない医薬品であり、個人輸入になることから、自己判断で服薬している人も多いです。だからこそ気を付けるべき点になります。

長期的に取り組むことが必要

長期的にダイエットに取り組むそう簡単に結果が出るものではなく、長く続けることに意味があるダイエット医薬品になっています。ゼニカルだけに頼らないで、他にも体重を減らすことに貢献できることを加えて取り組みましょう。

ゼニカル購入はこちら「http://www.168webshop.org/medicine/diet/xenical.html」